シミの種類

 

Types and treatment of age spots

シミの種類
老人性色素斑
そばかす
ADM
肝斑
炎症後色素沈着
 
シミの種類は多様で、それぞれに合った治療法があります。
治療法を間違えると、効果がないだけではなく、悪くなることもあります。 
治療前にしみを正確に診断しましょう。

 

老人性色素班 

老人性色素斑

老人性色素班とは

紫外線によるシミで、顔・手の甲など、日光によくあたる部分にできる茶色いシミです。
最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃くなり境目がはっきりしてきます。
原因は紫外線によるシミですから、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかり行うことが有効です。
「老人性」という名前がついていますが、20代後半から出てくることもあります。
 

老人性色素班の治療

レーザー

非常に良い適応。

広範囲のシミには、ダウインタイムの少ないピコレーザーが有効です。

塗り薬

良い適応。

狭い範囲の場合、トレチノイン外用治療の適応です。

広範囲の場合、ゼオスキンのセラピューティックは良い適応です。ダウンタイムが長くなります。

飲み薬

単独での効果はありません。

肝斑合併例には、レーザー治療前に行います。

炎症後色素沈着の発生抑制に、レーザー治療中に行います。

生活指導

シミ予防、紫外線を避けましょう。

治療後の炎症後色素沈着のリスクを減らすために、紫外線を避けましょう。

 

そばかす(雀卵斑) 

そばかす

そばかすとは

小学生頃から生じる遺伝的要因も考えられているシミです。
女性に多く、思春期以降に濃くなり、中高年になると目立たなくなり、妊娠で増悪するため女性ホルモンとの関連も考えられています。
紫外線(日焼け)で悪くなります。
1~5mmの褐色斑が両頬~鼻の付け根に多発します。
顔面全体に生じる場合もあります。
治療に対する反応は良くきれい直りますが、体質による色素異常であるため再発することがあります。
「広範囲」「再発しやすい」「治療は効きやすい」という特徴から、ダウンタイムの少ない治療が好まれます。
 

そばかすの治療

レーザー

非常に良い適応。

広範囲のシミには、ダウインタイムの少ないピコレーザーは良い適応です。

塗り薬

良い適応。

広範囲に出来ることが多いため、ゼオスキンのセラピューティックは良い適応です。ダウンタイムが長くなります。

飲み薬

単独での効果はありません。

肝斑合併例には、レーザー治療前に行います。

炎症後色素沈着の発生抑制に、レーザー治療中に行います。

生活指導

増悪因子なので、紫外線は避けましょう。

治療後には炎症後色素沈着のリスクを減らすために、紫外線を避けましょう。

 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) 

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシスとは

原因はよくわかっていないシミです。

頬骨~下まぶたに左右対称性に生じ、色調は灰色や褐色でややくすんで見えることがあります。
肝斑と合併して生じることが多く、合併している場合はレーザー治療前に飲み薬・塗り薬の前治療が必要になります。
回数・時間はかかりますが、レーザーでかなりきれいに出来ます。
 

後天性真皮メラノサイトーシスの治療

レーザー

非常に良い適応。

広範囲のシミには、ダウインタイムの少ないピコレーザーは良い適応です。

塗り薬

病変が深いため、効果はありません。

肝斑合併例が多く、その場合はレーザー治療前に行うことがあります。

飲み薬

単独での効果はありません。

肝斑合併例が多く、その場合はレーザー治療前に行います。

炎症後色素沈着の発生抑制に、レーザー治療中に行います。

 

肝斑

肝斑

肝斑とは

肌が浅黒い人にできやすいシミです。

頬骨あたりに境界がはっきりせずにボンヤリと生じます。
妊娠時に濃くなることから女性ホルモンによる影響もあると考えられていますが、洗顔時のこすり過ぎが一番の原因と考えられます。
こすり洗いをやめ、トラネキサム酸・ビタミンCを内服することによりかなり薄くすることが出来ます。
治りが悪い場合はトレチノインゲルを併用するのも効果的です
 

肝斑の治療

レーザー

効果は限定的。

効果があることもありますが、悪くなることもあります。

まずは飲み薬の治療を優先して行い、それでも改善しない時に行います。

塗り薬

良い適応。

飲み薬

良い適応。

まず行う治療です。

生活指導

とても大事。

増悪因子なので、摩擦(擦らない)・紫外線は避けます。

「擦らない=ゴシゴシしない」ではありません。ほっぺをクルクル優しくマッサージしたり、美顔ローラー、メイク落としシートもすべて避けましょう。 

 

炎症後色素沈着(PIH)

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは

ニキビや傷、火傷などが治った後にシミになった
レーザー治療を受けた後、シミが濃くなった
顔や首に液体窒素の施術を受けたところがシミになった

 

炎症後色素沈着の治療

レーザー

効果は限定的。

効果があることもありますが、悪くなることもあります。

レーザーの合併症に炎症後色素沈着があるため、弱いレーザーを何度か当てて効果を見る照射方法になります。

塗り薬

良い適応。

まず行う治療です。

飲み薬

良い適応。

生活指導

増悪因子なので、紫外線は避けます。

 

チェックオン


 

 
Web予約を初めてご利用の方は、 WEB受付についてをご確認ください。