シミの種類

 
シミの種類は多様で、それぞれに合った治療法があります。
治療法を間違えると、効果が無いことや、悪くなることもあります。 
治療前にしみを正確に診断しましょう。
 
 

老人性色素斑

老人性色素斑

紫外線が原因で出来るシミです。
中年以降にはほとんどの方に出現し、年齢とともに拡大します。
一部は盛り上がって、脂漏性角化症に移行します。
皮膚科を受診するシミで最も多いです。
薬局で売っているシミの塗り薬・飲み薬は効果がありません。(使っている方がよくいます)
 

そばかす

そばかす

小児期より生じ、遺伝が発症に関与していると考えられています。
思春期をピークに濃くなっていき、その後だんだんと薄くなっていきます。
夏の紫外線で濃くなり、冬になると薄くなります。
直径3mm程度の薄茶色のシミが両頬部~鼻部に多発します
レーザー治療でかなりきれいになります。
再発することがあります。
 

肝斑

肝斑

30歳以降の女性に生じやすい、頬部の左右対称のシミです。
紫外線、経口避妊薬、物理刺激(こすりすぎ)などがメラノサイトを活性化させるためと考えられています。
トランサミン内服治療と生活指導をまず行います。
それでも治らない時に、レーザー治療も検討します。
 
 

後天性真皮メラノサイトーシス

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

思春期~中年の女性の両頬部などにみられる灰色~褐色のシミです。

灰色調に見えるのはシミが深い場所にあるためです。
浅いシミをターゲットにした治療(レーザーフェイシャル、IPL、トーニング、塗り薬)は効果がありません
回数がかかることが多いですが、レーザー治療できれいになります。

頬部の肝斑と併発することも多く、その場合は肝斑治療を先に行います。 
色の薄いタイプはそばかすと勘違いされていることもあります。
 
炎症後色素沈着

炎症後色素沈着

炎症による赤みが改善した後に生じるシミです。
湿疹、やけど、ケガ、レーザー治療などあらゆる皮膚の赤みの後に生じます。
経過観察をすることで改善します。
紫外線予防が重要です。
ハイドロキノン外用を使用することもあります。 
シミが固定化して残ってしまった場合は、レーザー治療が有効なこともあります。