HOME > 美容・自費診療 > シミ > トレチノイン・ハイドロキノン療法

しみの外用治療
(トレチノイン+ハイドロキノン療法)

 

TRETINOIN & HYDROQUINONE

トレチノインとは

トレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍です。
誰でも血液中に微量流れているため、アレルギー反応を起こすことはありません。
米国では、しわ・にきびの治療医薬品としてFDAに認可されており、皮膚の若返り治療に使用されています。
日本では認可されておらず、クリニックでの自家調剤が必要になります。(生理活性の弱いレチノールは化粧品の配合が認められています)
 

CDトレチノインとは
トレチノインは刺激が強く外用後に強い皮むけを起こすことで治療を継続できないことが問題でした。シクロデキストリンという環状オリゴ糖で包接したシクロデキストリン包接トレチノイン(CDトレチノイン)が開発され、従来のかぶれやかさかさを抑制することが可能になりました。
当院ではこのCDトレチノインを自己調剤したもので治療を行います。

 

作用

紫外線などの作用により、過剰に作られたメラニンが角層にたまると「しみ」になります。
お肌の奥の真皮にあるコラーゲンなどが減ってしまうことでお肌の弾力が失われると「しわ」ができやすくなります。
 

トレチノインの作用
ターンオーバー(お肌の新陳代謝)を促進し、角層にたまったメラニンの排出を促します。
コラーゲンなどを作る細胞を元気にし、お肌の弾力を高めます。

 

ハイドロキノンの作用
メラニン合成酵素を阻害して、メラニン産出を抑制します。
メラニンを作る細胞の生理活性を抑制して、メラニン産出を抑制します。

 

使い方

洗顔します。
化粧水を使用します。
トレチノインをシミや小じわに薄く塗って、乾かします。(朝夜2回)
 刺激感が強いときは、夜のみの使用にします。
 刺激感が強すぎるときは、使用をやめて受診してください。
ハイドロキノンを外用します。(朝夜2回)
朝は日焼け止めを使用します。

使用する際の注意

治療開始3日~1週間後に肌荒れや赤みが出たり、刺激を感じることがあります。2週間程度で落ち着いてきます。
日中外出するときは必ず日焼け止めを使用してください。
トレチノインは酸化しやすいため、使用期限は医師の指示に従ってください。
妊娠中の方、授乳中の方はトレチノインは使えません。
 

費用

全て、消費税込みです。

初診料

3,300円

再診料 

1,100円

薬剤料 

0.05% CDトレチノインクリーム 5g 2,530円

0.1% CDトレチノインクリーム 5g 3,300円

ハイドロキノンクリーム(グラファメラノキュアHQ) 5g 2,200円

 

よくある質問

Q
どれくらいで効果がでますか。

A
一般的な紫外線のシミでは、1~3カ月で効果が出ます。肝斑ではより長くなります。
 

Q
どんなシミに効果がありますか。

A
老人性色素斑、そばかす、肝斑、炎症後色素沈着、茶アザ(扁平母斑)などが治療対象です。
ほくろ、太田母斑、異所性蒙古斑などには効果がありません。
診察をして効果があるシミか診断いたします。
 

Q
誰でも使えますか。

A
妊娠中の方、授乳中の方、妊娠予定の方は使用できません。
ビタミンA 内服により催奇形性の副作用があるためです。
米国では、トレチノイン 外用による催奇形性はあり得ないことが結論付けられています(吸収量が極めて少ないため)。
日本では、 外用であっても念のため使用しない方針が一般的となっています。
 

Q
レーザー治療とどちらが良いですか。

A
レーザーの方が一般に、「効果が早い」「炎症後色素沈着のリスクあり」「高額」になる傾向があります。
シミの種類やサイズによって異なりますので、まずご相談ください。
※レーザー治療は2021年4月以降に導入を予定しています。現在は行っておりません。
 
チェックオン


 

 
Web予約を初めてご利用の方は、 WEB受付についてをご確認ください。