Picosureとは

HOME > シミ > レーザー治療
 
シミ取りレーザーの最高峰ピコレーザー“Picosure”。
厚生労働省にも、米国FDAにも承認されている安全・高性能な最新機種です。

厚生労働省承認機

承認機なので保険治療可能!
【使用目的又は効果】
本装置は、体表面の表在性及び深在性良性色素性病変の治療、又は外傷性並びに入墨による刺青の蒸散及び除去に使用する。
【保険適応疾患】
太田母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素斑

米国FDA承認機

 最多の分野での承認を取得!
 シミ
 シワ
 ニキビ跡
 刺青(タトゥー

Picosureの特徴

 強力なピークパワーと衝撃波

照射時間がピコ秒に短縮されたため、強いピークパワーが出せます。
それにより、熱作用を最小限にして、衝撃波により色素を破壊できるようになりました。
高いピークパワーは「薄いシミ」や「刺青」の除去にも効果的です。

高いピークパワーを低出力で可能に
 
ピコレーザーの照射時間とピークパワーの関係

 

 ダウンタイムを最小限に

 余分な熱エネルギーをカット

より少ないエネルギー量でも、強いピークパワーを出せるようになりました。
そのため、照射後のテープ保護が不要になり、炎症後色素沈着(戻りジミ)のリスクも低減しました。
 

 余分な血管への影響をカット

Picosureはピコレーザーで唯一のアレキサンドライトレーザーです。
高いメラニン吸収率、低いヘモグロビン吸収率により血管へのダメージを最小限に抑えます。
そのため、炎症後色素沈着(戻りジミ)や皮内出血(青アザ)のリスクを軽減します。

ピコシュアだけの特別な波長
アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの違い

【ヤグ532波長】
ヤグレーザーのスポット照射に用います。
メラニン吸光度650、赤み吸光度260(メラニン選択比率 2.5倍)。
レーザーが到達する深さは、最も浅い。
【アレキサンドライト755波長】
アレキサンドライトレーザーの全ての照射に用います。
メラニン吸光度200、赤み吸光度4(メラニン選択比率 50
赤み治療は出来ないが、シミ治療には特化していて効率的。
レーザーが到達する深さは、3つの波長の中間で皮膚深層にまで届く。
  【ヤグ1064波長】
ヤグレーザーのトーニング・フラクショナル照射に用います。
メラニン吸光度65、赤み吸光度4(メラニン選択比率 16
レーザーは、最も深く皮膚深層にまで届きます。男性のヒゲ脱毛にも使われます。
 
当院の医療機器
ヤグレーザーはシミ治療だけでは無く、赤み治療も出来るという便利さはありますが。
当院では、
シミ治療に特化した、アレキサンドライトピコレーザー。
赤み治療に特化した、ブイビーム。
 の2台態勢です

 

 3つの照射モード

 スポット照射

気になる部分に、強くピンポイント照射を行う治療です。
一番ハイパワーな照射モードで、1~2回でシミを除去します。
【適応】部分的なシミ治療
【ダウンタイム】従来レーザーより少ないが、ピコトーニングやピコフラクショナルよりはあります。
 

 トーニング照射

広い範囲に、弱く全体的に重ねて照射する治療です。
ダウンタイム無く、シミ・くすみ治療が可能です。
5~10回繰り返し治療をすることで徐々にシミ・くすみを薄くしていきます。
副作用のリスクが高いシミがある場合も、リスク抑えて治療が出来ます。
【適応】全体のくすみ治療・トーンアップ
【ダウンタイム】殆どありません。
 

 フラクショナル照射

トーニングレーザーをハチの巣状にエネルギーを収束させることで、20倍の高エネルギーゾーンを作りだします。
この針状に出力される高エネルギーゾーンを利用して、フラクショナル治療を行います。
ピコフラクショナルのイメージ画像

 
従来のCO2フラクショナルレーザーやダーマペンは、肌に微細な穴をあけ、肌の自己再生能力を利用してニキビ跡・美肌治療をします。
Picosureのフラクショナル照射は、肌に穴を開けず、肌の内側に空胞を作り、周囲に衝撃波を発生させることで治療します。
肌に穴を開けないため、ダウンタイムを短かくフラクショナル治療(ニキビ跡・毛穴治療・美肌治療)ができる画期的な治療です。
従来のCO2レーザーを用いたフラクショナル治療はダウンタイムが長くなるものの、治療効果は高いためどちらも良い治療です。
当院ではどちらも施術可能です。
ピコフラクショナルの病理画像

 
ピコシュアのフラクショナル照射は肌質治療と同時に、シミ治療が出来ることも最大の特徴です。
お肌の内側のメラニンをターゲットに空胞爆発をおこすため、シミ治療にも非常に効果的です。
【適応1】全体のくすみ治療・トーンアップ
【適応2】ニキビ跡・毛穴などの肌質改善
【ダウンタイム】24時間顔が赤くなります。
 

ピコシュアだけの特別なシミ・美肌治療
ピコシュアと他社のピコレーザーでは「ピコフラクショナル」の用途が異なります。
他社のピコレーザーはヤグレーザーなので、フラクショナル照射でシミ治療はしません。
ピコシュアはシミ治療に特化したアレキサンドライトレーザー。
 
ピコシュアによるフラクショナル照射は、
ニキビ跡・毛穴などの肌質改善治療
ピコトーニングよりも強力な、しみ・くすみのトーンアップ
これらを同時にダウンタイムを抑えて行える特別な治療です。

 

治療の流れ

施術当日

医師の診察・スタッフのカウンセリング
施術前の状態の写真撮影
(希望時)麻酔をします
レーザー施術をします
(必要時)クーリングをします
スタッフよりアフターケアの説明を行います
 

典型的なダウンタイム

スポット照射

照射翌日~数日は、赤みとカサブタができます。
1週間程度で、カサブタが脱落してシミが取れます。
スポットのダウンタイム

フラクショナル治療

直後から照射部位が赤くなりますが、1日でほぼ改善します。
 
フラクショナルのダウンタイム

 

合併症

 スポット照射

蕁麻疹様の赤み・腫れ

当日に生じることがありますが、数時間で改善します。

蕁麻疹様紅斑
赤み

当日から生じ、数日で消退します。赤みが強く出る方もいます。

カサブタ

翌日から生じ、1週間程度で脱落します。

炎症後色素沈着(戻りジミ)

2~3週間後に生じることがあり、半年~1年で消退します。

 

 フラクショナル治療、トーニング治療

赤み

直後から生じますが、24時間後にはほぼ改善します。

ニキビ様の赤み

翌日から生じ、1週間程度で改善します。

ニキビ様の赤み
肝斑の増悪

増悪することがありますが、2カ月程度で改善します。

 

症例写真

現在はメーカー提供写真をご紹介していますが、順次当院の症例写真に置き換えていきます。
ダウンタイム写真や副作用の写真も充実させて、随時更新して参ります。
 

スポット治療

シミ

シミの治療経過

タトゥー

タトゥーの治療経過

フラクショナル治療

シミ、肌質改善

シミ、羽立素治療の経過

小じわ

小じわ治療の経過

毛穴治療

毛穴治療の経過

ニキビ跡

ニキビ跡治療の経過

ニキビ跡

ニキビ跡治療の経過2

ニキビ跡

ニキビ跡治療の経過3

 

費用

太田母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素斑には、保険治療が可能です。
その他のシミ、美肌治療、ニキビ跡治療は自費診療になります。

 

保険診療(3割負担の場合)

初診料・再診料が別にかかります。
名古屋市在住の中学3年生以下は無料になります。
3カ月に1回、5回までが保険で治療できます。

~4平方cm

6,000円

4~16平方cm

7,110円

16~64平方cm

8,700円

64~平方cm

11,850円

 
 

自費診療

初診料

3,300円

再診料

1,100円

麻酔料

1,100円

施術料

スポット照射

シミ取り(1㎝)11,000円

シミ取り(顔全体)55,000円(※平日限定モニター割引あり

刺青除去 11,000円~

トーニング

全顔 22,000円

フラクショナル

両頬 22,000円

全顔 33,000円

 
 
 
 

WEB順番受付