HOME > 小児皮膚科 > 伝染性膿痂疹

とびひ(伝染性膿痂疹)

 
IMPETIGO

とびひ(伝染性膿痂疹)とは

細菌が皮膚に感染することで発症し、人にうつることもあります。
虫刺されやあせもを掻きむしったり、小さなケガの傷口に細菌が入り込んで発症します。
掻きむしった手を介して、病変が“火事の飛び火”のようにあっという間に広がるため、とびひと言われています。
 
以下の2種類に分類されます。 

①水疱性膿痂疹(水ぶくれができる)

小さなお子さんに多い。

夏に多い。

お子さんが湿疹を強く掻いてしまい発症することが多い。

水ぶくれを形成し、水ぶくれがやぶれて皮膚がただれます。

②痂皮性膿痂疹(かさぶたができる)

年齢関係なし。

季節関係なし。

アトピー性皮膚炎患者さんに多い。(皮膚バリアく機能が低下しているため)

赤みや小さな膿、黄色いかさぶたがみられます。

乾燥肌や湿疹体質のお子さんの親御様へ
・湿疹病変が、ジュクジュクしていたらとびひかもしれません。
・湿疹治療とは別に、とびひの抗菌薬治療が必要になります。
・お近くの皮膚科クリニックの受診をお願いします。

 

治療

細菌最近に対する抗生剤治療を行います。
痒みが強い場合は、痒みの治療も行います。
 

とびひ治療のお薬

抗生剤<塗り薬>

原因となる細菌を退治します。

早期の場合は、塗り薬だけで治療することもあります。

抗生剤<飲み薬>

原因となる細菌を退治します。

補助的なお薬

抗アレルギー剤<内服薬>

痒みの治療のために使用します。

亜鉛華軟膏<外用薬>

炎症を抑え、患部を保護します。

 

よくある質問

Q
通園・通学はできますか。

A
可能です。
出席停止が義務付けられた病気ではありません。通園・通学先の規則もありますので確認をしましょう。
通園・通学する場合は、病変部を外用処置をしてガーゼで保護しましょう。
 

Q
プールに入っても大丈夫ですか。

A
控えましょう。
症状がひどくなったり、触れることで他の人にうつしてしまうことがあります。
 
WEB順番受付