HOME > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

 

Atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、
再燃を繰り返す痒みの強い湿疹を主症状とし、
アトピー体質を持つもの
と定義されています。
(日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより抜粋、一部改変)

 
「アトピー性皮膚炎=湿疹の重症型」と考えている方が多いようです。
実際はアトピー性皮膚炎の診断は、上記のように定義されています。
患者さんの中には軽症の患者さんもいらっしゃいますし、きれいなお肌を維持している患者さんもたくさんいらっしゃいます。
正しいケアを継続することが大切です。

原因

アトピー性皮膚炎は複数の原因が複合的に関与しています。
主な原因として、
アレルギー体質
乾燥肌
体の外からの刺激
などが知られています。
 

アレルギー体質

体内に異物が侵入すると、それを排除するために免疫細胞からIgE抗体を作ります。
アレルギー体質の人は、無害なものまで排除しようとしてIgE抗体が作られやすくなっています。(例えば、花粉症の人は花粉を排除するために、花粉に対するIgE抗体が過剰に作られます。)
IgE抗体は皮膚の炎症や、かゆみの原因となります。
アレルギー体質は遺伝することが知られており、家族にアレルギー疾患(喘息、結膜炎、アトピー性皮膚炎など)の人がいる傾向があります。
 

乾燥肌

皮膚の一番外側にある角層は、体内に水分を保持したり、外からの異物のバリアとして働きます。
アトピー性皮膚炎の患者さんは、角層の主成分であるセラミドが少ないため、角層の機能異常(水分保持能力とバリア機能の低下)がみられます。
このため、乾燥肌になったり、外からの刺激が皮膚内部に到達しやすくなります。
乾燥肌

 

体の外からの要因(環境要因)

アトピー性皮膚炎の患者さんは、乾燥肌のため、外からの刺激が皮膚内部に到達しやすくなっています。
様々な外からの刺激が、病気の原因の一つになっていると考えられています。
環境要因

 

治療

外用療法

まず最初に行う治療です。

ステロイド

っとも中心となる基本的な治療です。

痒みが強い場合は、一時的に強めを使います。

稀に「血管拡張(あかみ)」や「皮膚が薄くなる」ことがあり、特に顔面で問題になります。顔面の維持期では、タクロリムスやコレクチムに切り替えます。

タクロリムス
(プロトピック®)

ステロイドとは違う機序で治療をします。

炎症が強い時に使用すると刺激感が強いため、維持期に使用します。

JAK阻害薬
(コレクチム®) 

2020年に新しく出た、外用剤です。

現時点では16歳以上のみの使用に限られます。

小児への治験も進行中で、小児への適応拡大が期待されています。

 

内服療法

外用治療でコントロール出来ないときに、外用治療と併用します。

シクロスポリン
(ネオーラル®) 

乾癬やアトピー性皮膚炎などの皮膚炎疾患治療に広く使用されています。

治療効果は高いですが、腎機能障害を起こすことがあるため定期的な血液検査が必要です。また、高血圧になることがあるため、血圧測定も必要です。いずれも、早期発見して休薬すれば改善します。

ステロイド内服

一時的な症状緩和に用いることがあります。

効果は強いですが、副作用のため長期間連続内服することはありません。

抗アレルギー薬

かゆみを抑えるために、補助的に使用します。

長期間でも安全に使用できます。

 

光線療法

外用治療でコントロール出来ないときに、外用治療と併用します。
肝障害や腎障害のため内服治療が出来ないときなどでも使用できる安全性の高い治療です。

ナローバンドUVB

皮疹が広範囲の時に、良い適応です。

エキシマライト

小範囲に強い308nmを照射する最新の光線治療です。

これまでの治療より効果が強く、従来の紫外線治療で無効だった場合でも効果が出ることがありあます。

病変部位のみに照射が出来るため、安全性にも優れています。当院で可能です。

 

抗体療法

上記治療でコントロール出来ないときに使用します。

デュピルマブ
(デュピクセント®)

効果も安全性も非常に高い治療です。

値段が高価なのがネックになります。基幹病院にご紹介いたします。

チェックオン


 

 
Web予約を初めてご利用の方は、 WEB受付についてをご確認ください。