HOME > イボ > アクロコルドン

首のイボ
(アクロコルドン)

 
ACROCHORDON
アクロコルドン

アクロコルドンとは

年齢に伴う変化と考えられています。
首やワキに出来る2~3mmの多発するイボを、アクロコルドンやスキンタッグと呼んでいます。
体幹に単発する少し大きなものを軟性繊維腫と呼んでいます。
首やワキに出来るものを、アクロコルドンやスキンタッグと呼んでいます。
肥満者や女性に出来やすい傾向があります。(痩せた人や男性にも出来ます)
 

症例写真

(2021年4月よりモニター募集予定です)
 

治療

ウイルス性イボではないため、ヨクイニンなどの免疫治療は無効です。
治療は外科的治療のみ有効です。

外科的治療

液体窒素による冷凍凝固法

1~3週毎に液体窒素処置を治るまで続けます。

茎(細い部分)があるタイプが良い適応です。

手術ばさみで切除

手術用のはさみで外科的に切り取ります。

茎(細い部分)があるタイプが良い適応です。

CO2レーザー手術

外科的に蒸散します。

茎があっても無くても可能です。

仕上がりが最もきれいです。

手術

メスで切り取ります。

体幹の大きなタイプが良い適応です。

 

WEB順番受付