HOME > イボ > 尖圭コンジローマ

外陰部のイボ
(尖圭コンジローマ)

 

CONDYLOMA ACUMINATUM

尖圭コンジローマとは

ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)6型、11型などによって、外陰部にイボを生じます。
性感染症の一種で、主に性行為によって感染します。
潜伏期間は2~3ヶ月です。

予防

4価ヒトパピローマウイルスワクチン(ガーダシル4®)
9価ヒトパピローマウイルスワクチン(シルガード9®)
による発症予防が可能です。
 

治療

外科的治療

液体窒素による冷凍凝固法

1~3週毎に液体窒素処置を治るまで続けます。

保険診療で行えるので、第1選択治療の一つです。

CO2レーザー手術

外科的に蒸散します。

腫瘍では無く、ウイルス性疾患なので、再発リスクが高いです。

再発リスクが高いのに、体の負担が強いので、第1選択とはなりません。

メス手術

外科的に切除します。

CO2の方が出番が多いです。

薬物療法

イミキモドクリーム

免疫能を高めウイルスに感染した細胞を障害します。

週3回の塗り薬の治療を治るまで続けます。

薬物治療で唯一の保険診療です。

液体窒素とともに第一選択治療と考えています。

ポルフィリン液

海外では第1選択の一つとして使用されています。

日本では自費になってしまいますので、他の治療が無効の時の選択肢とします。

 

費用

保険診療

液体窒素による冷凍凝固法

210~270円(1割負担のとき)

630~810円(3割負担のとき)

手術 

2,670~4,680円(1割負担のとき)

8,010~14,040円(3割負担のとき)

※別途、初診料、再診料、処方量、薬剤量などがかかります。
 

自費診療

初診料:3,000円
再診料:1,000円
 

CO2レーザー手術

手術費用

(2020年4月より導入します)

ポドフィリン液

薬剤費用

(2020年4月より導入予定)

※別途、消費税を頂戴しております。
 

チェックオン


 

 
Web予約を初めてご利用の方は、 WEB受付についてをご確認ください。