子宮頸がんとワクチンについて

  •  子宮頸がんは、頻度の高いがんです。
子宮頸がんの頻度

 
  •  子宮頸がんは、ウイルス感染によって若い時期に発症します。
 
子宮頸がんの発症時期

 
  • 子宮頸がんは、ワクチンで予防出来ます。
  • しかし、日本ではその啓蒙が遅れているという問題があります。
  • 小6~高1の女子は、公費助成で無料になります。
子宮頸がんワクチンの国別比較接種率

 

子宮頸がんワクチンの種類

子宮頸がんワクチンは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンです。
HPVの種類は無数にありますが、予防できるHPVによって3種類のワクチンがあります。

2価ワクチン(サーバリックス)

2つのHPVを予防できます。

4価ワクチン(ガーダシル)

4つのHPVを予防出来ます。

9価ワクチン(シルガード)

9つのHPVを予防出来ます。

 
HPVは「高リスク型HPV」と「低リスク型HPV」に分類されます。
「高リスク型HPV」のなかでも2つの型(HPV16, 18)の感染が、子宮頸がんの65.4%の原因となります。
「高リスク型HPV」の7つの型(HPV16, 18, 31, 33, 45, 52, 58)の感染が、子宮頸がんの88.2%の原因となります。
「低リスク型HPV」のHPV6, 11は、尖圭コンジローマ90%の原因になります。 

2価ワクチン(サーバリックス)

高リスク型の中でもリスクが高いHPV16,18を予防します。

4価ワクチン(ガーダシル)

高リスク型の中でもリスクが高いHPV16,18を予防します。

尖圭コンジローマなどの原因となる低リスク型(HPV6,11)を予防します。

9価ワクチン(シルガード)

高リスク型の7つの型(HPV16, 18, 31, 33, 45, 52, 58)を予防します。

尖圭コンジローマなどの原因となる低リスク型(HPV6,11)を予防します。

子宮頸がんワクチンの比較

 

子宮頸がんワクチンの効果

サーバリックス(2価ワクチン)の効果

  • 子宮頸がんの原因として最も多いHPV16型と18型感染に対応します(子宮頸がん全体の65.4%)。

 

ガーダシル(4価ワクチン)の効果

  • 子宮頸がんの原因として最も多いHPV16型と18型感染に対応します(子宮頸がん全体の65.4%)。
  • 尖圭コンジローマの原因となるHPV6型と11型にも対応しています(尖圭コンジローマ全体の90%)。
  • 子宮頸がんの予防効果は、96.9%。
  • 尖圭コンジローマの予防効果は、89.3%
 
ガーダシルの効果

 

シルガード(9価ワクチン)の効果

  • 子宮頸がんの原因として多い7つのHPV型感染に対応します(子宮頸がん全体の88.2%)。
  • 尖圭コンジローマの原因となるHPV6型と11型にも対応しています(尖圭コンジローマ全体の90%)。
  • 9歳以上の女性に承認されています。
  • ガーダシルと共通する4つのHPV型に対して、同等の効果が認められます。 
シルガード9の効果
  • 新たに追加された5つのHPV型に対して、93.8~96.7%の予防効果があります。 
シルガード9の効果2

 

子宮頸がんワクチンの副作用

国際大規模試験による安全性評価(14149名)

子宮頸がんワクチンの注射部位の副反応

  • シルガード®9群で、6,414人/7,071人(90.7%)
  • ガーダシル®群で、6,012人/7,078人(84.9%)

子宮頸がんワクチンの全身の副反応

  • シルガード®9群で、2,090人/7,071人(29.6%)
  • ガーダシル®群、1,928人/7,078人(27.2%)

子宮頸がんワクチンの死亡例

  • 両群で、0人

子宮頸がんワクチンの重篤な副反応

  • シルガード®9群で、2人/7,071人(高熱、強いアレルギー反応)
  • ガーダシル®群で、1人/7,078人(強い頭痛)

子宮頸がんワクチンの投与継続中止に至った副反応

  • シルガード®9群で、5人/7,071人(脱力感、浮動性めまい、疲労、多汗症、注射部位疼痛、悪心、疼痛、発熱、頭痛、注射部位の腫れ、ワクチンアレルギー)
  • ガーダシル®群で、3人/7,078人(皮膚症状2人、舌腫脹1人)
 
子宮頸がんワクチンの副作用

 

子宮頸がんワクチンの男性への効果

男性に期待できる効果

尖圭コンジローマの発症を抑制。
その他のHPVに関連した腫瘍(肛門癌・咽頭癌・陰茎癌など)の発症を抑制。
 パートナーの子宮頸がんのリスクを減らせます。

海外での男性への適応

ガーダシル®は、130以上の国又は地域で承認されています。
ガーダシル®は、120以上の国又は地域で男性適応が承認されています。
シルガード®9は、発売間もないですが、ガーダシル®同様に男性適応の拡大が期待されています。。

海外での男性への公費助成

110以上の国と地域でHPVワクチン接種に対して公費助成が行われています。
50以上の国と地域で、男女両方にHPVワクチンを接種するプログラムが導入されています。
男女両方の接種プログラムに導入されている国:アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど
 

公費助成や投与スケジュール

ガーダシル(4価ワクチン)

9歳以上の男女に承認されています。
小6~高1の女子は公費での補助が受けられるので無料です(名古屋市内在住の方)。
それ以外の方は、自費治療になります。
 

シルガード9(9価ワクチン)

9歳以上の女性に承認されています。
まだ、公費での助成の適応になっていませんので、自費のみの扱いになります。
まだ、日本では男性への接種は承認されていませんので、承認外使用になります。
 

子宮頸がんワクチンの投与スケジュール

ガーダシル、シルガード9共に投与スケジュールは共通です。
子宮頸がんワクチンの投与スケジュール

 

費用

  • 消費税込みです。
  • ガーダシル(4価ワクチン)は、公費助成があります。「名古屋市に住民登録がある」「小学校6年生から高校1年生相当年齢の女子」は無料です。
  • シルガード9(9価ワクチン)は、公費助成は無いため全て自費診療になります。
初診料

0円

再診料 

0円

注射料 

1回22,000円(ガーダシル) 

1回30,800円(シルガード9) 

 


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医