HOME > 美容・自費診療 > AGA > デュタステリド

デュタステリド
(ザガーロ®)

 

DUTASTERIDE

デュタステリドとは

日本皮膚科学会のガイドラインで、行うことを強くすすられている、まず行うべき治療の一つです。
他に、フィナステリド内服・デュタステリド内服・ミノキシジル外用が推奨度Aです(行うことを強く勧める)。
 

 推奨度Aの3剤の比較

フィナステリド内服

抜け毛を止める。
1日1回内服。

デュタステリド内服

抜け毛を止める。
1日1回内服。
フィナステリドより効果が強く早い。
フィナステリドより値段が高い。

ミノキシジル外用

発毛を促す。
1日2回外用で忘れやすい。
 

デュタステリド(ザガーロ®)の効果と安全性

内服方法 

1日1回1錠内服(食事の影響なし)

効果

I型およびⅡ型の5α還元酵素を阻害して、抜け毛の原因物質であるDHTの産生を抑えることで、AGAの治療効果を発揮します。

内服6か月後の毛髪増加量の比較試験において、

フィナステロド:56.5本増加(φ2.54㎝の範囲で)

ザガーロ:89.6本増加(φ2.54㎝の範囲で)

 ☞フィナステリドよりも、治療開始早期から発毛効果を実感できます。

副反応  

海外共同試験(557人)では、プロペシアと同程度の高い安全性が認められた。

  プラセボ フィナステリド ザガーロ
勃起不全 3% 6% 5%
射精不能 1% 2% 0.5%
射精障害 0.5% 1% 1%
性欲の低下 1% 4% 2%
腹痛 1% 0 0
制液量低下 0 1%
美咽頭炎 0 0.5% 2%

備考  

日本皮膚科学会の推奨度A(行うよう強く勧める)。

献血が内服中止後6カ月たたないと出来ません。

 

よくある質問

Q
どれくらいで効果がでますか。

A
殆どの患者さんで、3~6カ月で発毛が実感できます。効果がない可能性もあります。6カ月しても抜け毛が減らない場合は休薬します。
 

Q
薄毛が改善したらやめてもいいでか。

A
治療をやめると、再び薄毛が進行します。よりコストパフォーマンスの良いコース(フィナステリドや、ジェネリック医薬品)に変更して継続するのも良いかと思います。
 

Q
服用時間は何時にすればいいですか。

A
食事の影響をうけませんので、食前、食後いつでも服用可能です。忘れずに服用するに、毎日決まった時間帯に服用することがお勧めです。
 

Q
塗り薬の育毛剤、発毛剤と一緒に使えますか。

A
大丈夫です。頭皮への塗り薬を併用することで問題になった報告はありません。
 

Q
他の薬との飲み合わせは大丈夫ですか。

A
大丈夫です。他の飲み合わせが問題になったという報告はありません。
 

Q
女性でも使えますか。

A
使えません。
妊娠中の方がデュタステリドを服用すると、男子胎児の生殖器等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。
 

参考文献

 
※1 
※2 
※3 
 

チェックオン


 

 
Web予約を初めてご利用の方は、 WEB受付についてをご確認ください。