アゼライン酸とは

アゼライン酸とは

小麦やライ麦などの穀物に含まれており、食品として摂取している成分です。
毛穴づまり改善効果、抗菌作用、皮脂分泌抑制、抗炎症作用があるため、ニキビ治療に用いられます。
海外では、約30年前から使用されています。
日本では化粧品の含有成分の一つであり,医薬品としては未承認のため、自費診療となります。

 ニキビとアゼライン酸

海外

多くの大規模研究により、白ニキビ・赤ニキビともに有効性が証明されています。
治療ガイドラインでは、アダパレンに次ぐ、二番手の治療として推奨されています。
副作用は、痒み・赤み・刺激感などがありますが、アダパレンよりも軽症です。

・治療効果は、アダパレン(ディフェリン®)の方が強いが、アゼライン酸もしっかり効果はある。
・副作用では、アゼライン酸が軽くて使いやすい。 

 

日本

日本においてもニキビ治療に対する、安全性・有効性が確認されています。
日本皮膚科学会の治療ガイドラインでも、白ニキビ・赤ニキビの治療選択肢として推奨されています。

・治療効果と副作用のバランスに優れた推奨されるニキビ治療薬ですが、
・日本では保険適応では無いことが難点です。

アゼライン酸がオススメの方

 アダパレンや過酸化ベンゾイルの副作用が強く、使用できない方。
 妊娠・授乳中であり、アダパレンを使用できない方。
 12歳以下の小児にも安心してお使い出来ます。

WEB順番受付