ADM 後天性真皮メラノサイトーシス 

 
ADM:ACQUIRED DERMAL MELANOCYTOSIS

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) とは

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

ADMとは

原因はよくわかっていないシミです。

子供の時には無かったシミが、20歳代くらいの大人になってから生じます。
両頬部・左右のおでこ・下まぶたに、米粒~小さな小豆大くらいのソバカスより少し大きなシミが多発します。
色調は灰色や褐色でややくすんで見えます(シミが深いところにあるため)。
 

ADMの原因と治療

成人期になって真皮メラノサイト(深いところの色素細胞)が活性化することでシミを生じます
紫外線や女性ホルモンなどの影響が推測されていますが、原因はわかっていません。
病変が深いため、レーザーフェイシャル、IPL、トーニング、塗り薬(ハイドロキノン・トレチノイン)は無効です。
ピコレーザーやQスイッチレーザーで治療を行います。
回数・時間はかかりますが、レーザーでかなりきれいに出来ます。
肝斑と合併して生じることが多く、合併している場合はレーザー治療前に飲み薬・塗り薬の前治療が必要になります。
 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)のレーザー治療 

非常に良い適応。
治療反応は良いですが、複数回の治療が必要になります。
治療期間に、炎症後色素沈着が強く出ることが多いです。
病変が深いため、レーザーフェイシャル、IPL、レーザートーニングは無効です
治療は、Qスイッチレーザー、ピコレーザーで可能です。
広範囲のシミには、ダウインタイムの少ないピコレーザーは良い適応です。
 
ピコレーザー

症例1

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の塗り薬治療 

効果はありません。(病変が深いため)
肝斑合併例が多いため、肝斑治療としてレーザー治療前に行うことがあります。
ADM治療中のレーザーによる炎症後色素沈着に行うことがあります。
その他の合併したシミ治療にも有効です。
 

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の飲み薬治療 

単独での効果はありません。
肝斑合併では、ADMのレーザー治療前にトランサミン内服を行います。
炎症後色素沈着に対して、レーザー治療後にビタミンC内服をすることがあります。
 
 


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医