粉瘤とは

「皮膚の下のしこり」で、頻度の高い皮膚腫瘍です。
皮膚の下に皮膚の袋ができて、その中に垢(アカ)が溜まります。
少しずつ大きくなる傾向があります。
皮膚の袋が破れると、感染を起こし腫れます。
 

鑑別疾患(皮膚の下のしこり)

 脂肪腫

皮膚の下にできる腫瘍で、粉瘤とともに患者さんが多い疾患です。
粉瘤と違い中央にヘソ(開口部)が無く、感染歴が無く、柔らかいです。
区別がわかりりにくいことがあります。 
 

 石灰化上皮腫

皮膚の下にできる腫瘍で、比較的患者さんが多いです。
粉瘤と違い中央にヘソ(開口部)が無く、感染歴が無く、石様に硬いです。
硬さが特徴的なので、触れば区別がつきます。 
 

 リンパ節腫脹

首のリンパ節や、股のリンパ節が周囲の感染などを理由に一時的に腫れることがあります。
その場合も、急に大きくなった皮膚の下のしこりとして触れます。
 

がんの皮膚転移・皮下転移

全てのがんは進行すると皮膚・皮下転移を生じえますが、血流が多い腫瘍臓器への転移が先行することが多いです。
定期的な健康診断を受けている方であれば、皮膚・皮下転移でがんが発見されることは稀なことです。
もともと治療中のがんがある方であれば、皮膚・皮下転移を生じる可能性はあります。
もともとのがんを治療している病院の皮膚科受診が良いと思います。(※がん治療開始が遅れる可能性があるため)
 

鑑別疾患(赤く腫れる皮下のしこり)

 せつ・よう

毛穴から細菌感染をきたし、皮下膿瘍(皮膚の下に膿が貯留する)を形成します。
感染をおこした粉瘤と見分けがつきにくいことがあります。
排膿処置をすると、区別が出来ることが多いです。
 

 臀部慢性膿皮症

中年男性に多いです。
お尻にボコボコと皮下膿瘍(皮膚の下に膿が貯留する)が多発します。それぞれがくっついて大きくなります。
多発した皮下膿瘍がアリの巣のように互いに交通して複雑な膿瘍を形成します。
圧迫すると排膿します。排膿処置をすると、区別が出来ることが多いです。
 

粉瘤の手術

2通りの方法があり、どちらも対応可能です。
どちらの方法でも、出来るだけキズが目立たない方法で行います。
 

くりぬき法(へそ抜き法) 

キズが小さい。
適応じゃない場合がある。(過去に炎症をおこして、袋が周囲組織に癒着しているときなど。)
炎症がある時にも可能。(袋が取れないことがあります。その場合は手術では無く、切開処置となります。)
 

全摘手術

全例に実施可能。
ただし、炎症がある時期には不可能。 
 

手術の流れ

手術の方法をご説明します。基本的に初診日に手術可能です。
局所麻酔をします。
手術をします。
必要なお薬を処方します。
手術翌日、創部の確認を行います。
5~7日後、抜糸します。

中央に穴を開けます。

中のアカを出します。

その後に、袋も引っ張り出します。

摘出後。

キズを縫って終了。
ガーゼで圧迫固定します。
部位によってはオープントリートメントの方がきれいです。
 

費用

健康保険(3割負担の場合)

別途、初診料、再診料、処方量、薬剤量などがかかります。
露出部とは、頭部、頸部、腕の肘関節以下、足の膝関節以下です。

皮膚腫瘍切除術

露出部2㎝未満:8,010円(手術4,980円+病理検査3,030円)

露出部2~4㎝:14,040円(手術11,010円+病理検査3,030円)

露出部以外3㎝未満:6,870円(手術3,840円+病理検査3,030円)

露出部以外3~6㎝:12,720円(手術9,690円+病理検査3,030円)

 
 

よくある質問

Q
手術は予約制ですか。

A
基本的に初診日当日の手術が可能です。
かなり大きい場合は、予約手術とさせていただくことがあります。
炎症があり痛みがあるケースは、もちろん全例当日ご対応致します。
 

Q
手術は痛いですか。

A
局所麻酔注射を行うときに痛みがあります。
歯科麻酔で使われるものと同じものです。
手術中は痛みはありません。
大きな腫瘍だと深い部位の麻酔が足りないことがあるため、その場合は手術中に麻酔を追加します。
 

Q
終わった後は痛いですか。

A
我慢できる程度の痛みがありますが、時間とともに改善していきます。
痛み止めも処方していますが、使わなくても大丈夫だったという方も多くいます。
 

Q
手術後の通院はどうなりますか。

A
出来るだけ手術翌日に受診していただきます。
1週間後に抜糸を行います。
抜糸後は、創部の状態によってその後の通院時期をお伝えしています。