ピコフラクショナルの症例写真

ピコフラクショナルレーザーのモニターさんの治療経過写真です。

シミ

【費用】

ピコフラ2回 66,000円

(モニター 52,800円)

【副作用&リスク】

1~3日の赤み

色素沈着、色素脱失

毛穴、シミ

【費用】

ピコフラ5回 143,000円

(モニター 127,600円)

【副作用&リスク】

1~3日の赤み

色素沈着、色素脱失

ピコフラクショナル治療

 ピコフラクショナル治療とは

ピコトーニングレーザーを、ハチの巣状にエネルギーを収束させて、20倍の高エネルギーゾーンを作りだして照射します。
この針状に出力される高エネルギーゾーンを利用して、フラクショナル治療を行います。
ダウンタイムは短いままで、ピコトーニングよりも強力に顔全体のくすみ治療、トーンアップ治療を行えます。
同時にニキビ跡・毛穴治療などの肌質改善の治療効果もあります。
ピコフラクショナルのイメージ画像

 

ピコフラクショナルのニキビ跡・肌質改善治療

CO2フラクショナルレーザーやダーマペンは、肌に小さな穴をあけ、肌の自己再生能力を利用してニキビ跡・美肌治療をします。
ピコフラクショナル治療は、肌に穴を開けず、肌の内側に空胞を作ることでフラクショナル治療を行います。
これは、肌の内側にあるメラニン色素をターゲットにして、針状に収束したレーザーを照射することで空胞を作ります。
さらに、空胞周囲に衝撃波を発生させて、皮膚内部にコラーゲンやエラスチンなどの生成を促し、ふっくらとした透明感のあるお肌を作ります。
肌に穴が開かないため、殆どダウンタイムなくフラクショナル治療(ニキビ跡・毛穴治療・美肌治療)ができる画期的な治療です。
特に当院で採用しているピコシュアは、ピコレーザーの中でもダウンタイムが非常に短いシステムを採用しています(後述)。
従来のCO2レーザーを用いたフラクショナル治療の方が、ダウンタイムが長くなるものの、ニキビ跡・毛穴治療の効果は高いのでどちらも良い治療です。
当院ではどちらも施術可能です。
ピコフラクショナルの病理画像

 

ピコフラクショナルによるシミ治療

ピコシュアのフラクショナル照射は肌質治療と同時に、シミ治療が出来ることが最大の特徴です。
お肌の内側のメラニンをターゲットに空胞爆発をおこすため、シミ治療にも効果的です。
特に他社のピコレーザーよりも、
 
 

Picosureはダウンタイムが短い

ピコシュアだけの特別な波長

Picosureはピコレーザーの承認機で唯一のアレキサンドライト波長のピコレーザーです。
他のピコレーザーはヤグ波長です。
ヤグ波長だと、赤みに吸収される割合が高く、深達度も深いという特徴から、血管への影響がより大きくなり、ダウンタイムが長くなることになります。

アレキサンド波長

メラニン吸光度200、赤み吸光度4(メラニン選択比率50倍)

ヤグ波長

メラニン吸光度65、赤み吸光度4(メラニン選択比率16倍)

深達度がアレキより深い(そのためヒゲ脱毛にも好んで使われる波長です)

 

実際のダウンタイムの差

シミを1回でとるピコスポット治療では、ダウンタイムに大きな差はありません。
しかし、ピコフラクショナル治療では、ダウンタイムに差が出てきます。
ピコフラクショナルは繰り返し受ける治療ですので、このダウンタイムの差は嬉しいですね。
 
論文でもピコシュアが他のピコレーザーに比べて、

メラニンとヘモグロビンへの吸収バランスが良く、臨床的並びに組織学的にも副作用は少なく、ダインタイムが少ないこと

が報告されています。
ピコアレキサンドライトレーザーとピコヤグレーザーの差

 
 

ピコフラクショナル治療の流れ

施術当日の流れ

医師の診察・スタッフのカウンセリング
施術前の状態の写真撮影
(希望時)麻酔をします
レーザー施術をします
(必要時)クーリングをします
スタッフよりアフターケアの説明を行います
 

ピコフラウショナルの典型的なダウンタイム

直後から照射部位が赤くなりますが、1日でほぼ改善します。
 
フラクショナルのダウンタイム

 
 

ピコフラクショナルの合併症

 フラクショナル治療、トーニング治療

赤み

直後から生じますが、24時間後にはほぼ改善します。

ニキビ様の赤み

翌日から生じ、1週間程度で改善します。

ニキビ様の赤み
肝斑の増悪

増悪することがありますが、2カ月程度で改善します。

 

費用

 
料金表をご覧ください。
 
 


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医