酒さとは

酒さとは

中年以降の女性に生じやすく、赤ら顔(発赤や毛細血管拡張)の状態が持続性に見られます。
はっきりとした原因はわかっていません。
遺伝的要因の関連もあると考えられています。
 

酒さの症状

酒さは症状により、3つの病型に分類されます。重症例は男性に多くみられます。

第1度酒さ(紅斑毛細血管拡張型酒さ)

  • 頬・鼻に全体的な赤み、毛細血管の拡張を認めます(赤ら顔)。
  • 痒みやほてり感があり、寒暖や飲酒で増強します。

第2度酒さ(丘疹膿疱型酒さ)

  • 第1度の赤ら顔症状に加え、赤ニキビのような赤いブツブツが生じます。
  • 赤ニキビの様なブツブツがあるにもかかわらず、白ニキビが見られないのがニキビとの違いです。
  • ニキビであれば、通常赤ニキビと白ニキビが混じって存在します。

第3度酒さ(鼻瘤)

  • 鼻の赤ニキビ様のブツブツが集合して、凹凸不整に盛り上がった外観になる(鼻瘤)。
  • 鼻瘤の表面は、毛穴が広がり凹んだニキビ跡の状態になります(ミカンの皮様)。

 

酒さの増悪因子

病変部の皮膚では自然免疫が亢進している状態になっています。
これにより、紫外線、精神的ストレス、飲酒、刺激物接種、毛包虫感染などの外的刺激に対する感受性が高まり、炎症や血管増生をきたすと考えられています。
 

酒さの鑑別疾患

酒さ様皮膚炎とは

ステロイド外用薬を漫然と長期にわたり間違った使い方で顔に使用することで、酒さ様の症状を生じることがあります。
外用部位に一致して、赤み・膿疱・毛細血管拡張・を認め、痒みをみとめます。
口の周りに生じたものを口囲皮膚炎とよびます。
 

酒さ様皮膚炎の治療

ステロイド外用薬を中止します。
ステロイド外用薬を中止後は一時的に症状が悪化することがあります。
症状にあわせた治療を行います。(酒さの治療に似ています)
 

酒さの治療

日本での酒さの保険治療は少し遅れています。
欧米での承認薬の多くが、日本では承認されていません。
当院では、保険診療を中心に治療を行い、保険診療が無効な場合には海外で実績のある治療を自費診療でご提案しています。
海外の標準治療を以下にまとめてみました。
 

赤みの治療

レーザー

レーザー治療 当院で可能です

塗り薬

ブリモジン外用薬 

メトロニダゾール軟膏 当院で処方可能です

プロトピック外用薬 当院で処方可能です

ステロイド外用薬 増悪リスクがあるため当院では使用していません。

 

紅いポツポツの治療

塗り薬

イベルメクチンクリーム 当院で処方可能です

メトロニダゾール軟膏 当院で処方可能です

アゼライン酸 当院で処方可能です

プロトピック外用薬

ステロイド外用薬 増悪リスクがあるため当院では使用していません。

飲み薬

抗生剤内服治療 当院で処方可能です

イソトレチノイン 当院で処方可能です

レーザー

レーザー治療 当院で可能です

 
 標準治療として推奨
 標準治療として考慮
 効果が期待できる
 増悪の可能性がある
 
 

当院での酒さ治療

病型、症状に合わせた治療を行います。
 

生活指導

増悪因子を避けます

コーヒー、アルコールなどの血管拡張を招く刺激物の摂取
精神的ストレス

スキンケア

紫外線や、寒暖差、乾燥も増悪因子なので避けます。
適切な紫外線防御、低刺激性の洗顔料・保湿剤の使用が国内外で推奨されています。
 

塗り薬

イベルメクチンクリーム

海外では第2度酒さの標準治療となっています。
治療改善後の再発防止のための維持治療にも有効であることがわかっています。
メトロニダゾールよりも効果が強いことが報告されています。
日本では承認がなく、自費診療となります。

メトロニダゾール

海外では第2度酒さの標準治療となっています。
治療改善後の再発防止のための維持治療にも有効であることがわかっています。
日本でも2022年に承認されました。

アゼライン酸

海外では酒さの治療として推奨されています。
第2度酒さの治療として、多数の報告があります。
再発防止の維持治療としても有効です。
 

飲み薬

抗菌薬

ニキビに準じた抗生剤治療が効果的です。
自然免疫が亢進した状態を抑制する働きもあると考えられています。

イソトレチノイン

治りにくい酒さや鼻瘤にも効果が期待できます。
 

レーザー治療

ブイビーム

Vビーム治療は、毛細血管拡張の減少・縮小することで、第1度酒さを改善することに有効です。
 
 


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医