老人性色素班 とは

老人性色素班とは

老人性色素斑のイラスト
顔・手の甲など日光の当たりやすい場所に生じる紫外線によるシミです。

最初は色が薄く、少しずつ濃くなっていき境目がはっきりしてきます。
一部盛り上がってくる(脂漏性角化症)ものもあります。
「老人性」という名前がついていますが、20代後半から出てくることもあります。
60歳以上ではほぼ必ずあります。
 

老人性色素班の原因・治療

長期的な日光暴露による、皮膚細胞の光老化、色素細胞の活性化によりシミを生じます。
加齢に伴う皮膚の代謝(ターンオーバー)の低下も発生要因と推測されます。
皮膚表面のシミであり、レーザー治療
原因は紫外線によるシミですから、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかり行うことも大切です。
 

老人性色素斑の治療

老人性色素斑の当院の治療方針

まずは診察して診断します。
炎症後色素沈着は、経過観察でも完治する可能性があります。
顔は数カ月で消えることもありますが、体は2~3年と時間がかかることがあります。
早く消したい場合は、塗り薬やレーザーを使います。
また、時間がたっても消えない場合も、塗り薬やレーザーを使って治療します。
治療をしても消しきれないこともあります。
 

老人性色素斑の生活指導

シミ予防のため、日焼け止めを使用しましょう。
治療後の炎症後色素沈着のリスクを減らすために、紫外線・摩擦を避けましょう。
 

老人性色素斑の飲み薬治療

単独での効果はありません。
肝斑合併例には、トランサミン内服治療を行います。
炎症後色素沈着に対して、レーザー治療中にビタミンC内服治療を行うことがあります。
 

老人性色素斑の塗り薬治療

狭い範囲の場合、トレチノイン外用治療をお勧めしています。
広範囲の場合、ゼオスキンのセラピューティックが良い適応です。
「塗り薬で良くなるの?」と思われる患者様もいらっしゃいますが、ダウンタイムのある医師処方薬を用いた塗り薬治療です。
HQ・トレチノイン療法 ゼオスキンヘルス
 

老人性色素斑のレーザー治療

広範囲のシミには、ダウインタイムの少ないピコレーザーが有効です。
ピコレーザー
 

老人性色素斑の症例写真

当院の患者様の治療経過です。

case1 ピコスポット

【費用】

ピコスポット顔全体 55,000円

(モニター 44,000円)

【副作用&リスク】

1~2週間程度のかさぶた

色素沈着、色素脱失

case2 塗り薬

【費用】

トレチノイン 3,300円

ハイドロキノン 3,300円

【副作用&リスク】

赤み、乾燥、ひりつき

コメント

トレチノイン、ハイドロキノン併用治療中の患者様です。

1本目終了時ですが、かなり薄くなってきました。