CO2REとは

HOME > ニキビ > 凹んだニキビ跡
HOME > 美容・自費診療 > 毛穴 > CO2フラクショナルレーザー
 
フラクショナルレーザーは、細かいシワ、毛穴、これまで治せなかったニキビ跡や傷跡、妊娠線などに対するレーザー治療器です。
このレーザーの原理は、無数の細かい孔を皮膚に開け、ニキビ跡の凸凹、傷跡、小じわ、毛穴を縮めて治すというものです。CO2(炭酸ガス)フラクショナルレーザーであるSmartXide DOTは、従来のCO2フラクショナルレーザーとは違い2つのパスル波形を組み合わせる(スマートパルス)ことにより、より深い位置で皮膚に熱ダメージを加えることが出来ます。スマートパルスを採用したことにより、出血・痛みが少ないにも関わらず、しっかりとした効果が出せるのがSmartXide DOTです。
施術後に成長因子(グロースファクター)を塗布することにより、さらに効果を出すことも可能です。

CO₂REの特徴

手術モード

ほくろ、老人性イボ、アクロコルドン(首のイボ)などのレーザー手術に用います。
高性能のスキャナー照射により、周りの正常組織への影響を最小限に抑えることが出来ます。
 

フラクショナルモード

皮膚に微細な穴をあけて、ニキビ跡治療や肌の若返り治療を行います。
フラクショナル治療には真皮中層の深さまで蒸散しなくてはいけません。
Co2REでは、2つのフラクショナルモードを用いて治療を行います。
Deepモードは、真皮中層の深さまで針状に蒸散させて、お肌の入れ替え治療を行います。
Fusionモードは、真皮中層までの照射に加えて、その周りをドーナツ型に浅く削ります。お肌の凹凸をより強力に治療します。
フラクショナルモードの説明

治療の流れ

施術当日

医師の診察・スタッフのカウンセリング
施術前の状態の写真撮影
(希望時)麻酔をします
レーザー施術をします
クーリングをします
スタッフよりアフターケアの説明を行います
 

典型的なダウンタイム

フラクショナル:Deep(美肌・ニキビ跡・毛穴)

当院スタッフさんが 施術を受けたときの写真で解説します。
照射部位が点状の茶色いカサブタと、全体に赤みを生じます。 
1週間程度で改善していきます。
CO2ダウンタイム

 

フラクショナル:Fusion(ニキビ跡・毛穴)

院長が施術を受けたときの写真で解説します。
照射部位がドーナツ型の大きな茶色いカサブタと、全体に赤みを生じます。 
施術翌日~1週間くらい、浅く削った部分のドーナツ型の茶色いかさぶたが、 かなり目立ちます
CO2ダウンタイム

Fusionモードは周りの人から見ても結構目立つようです。
以前の職場で私も写真を撮られました。 かなり目立ちますね
CO2ダウンタイム
 
色素沈着が出てしまう頻度も、Fusionモードの方が高くなります。
私も施術2週間後に色素沈着を生じ、3カ月で目立たなくなり、半年かけて消退しました。(Deepモードでも起こりえます)
CO2ダウンタイム

合併症

フラクショナル治療

痛み

Deep)施術後~半日ほどヒリヒリとした痛みが続きます。

Fusion)浅いキズの方が痛みを感じやすく、ヒリヒリ感が強くなります。

赤み

施術直後より生じ、軽めの照射で1〜3日程度、強めの照射で1〜2週間持続します。

熱感、腫れ

通常2日~5日程度で消失します。

内出血や水ぶくれ

稀ですが、強い炎症により起こりえます。通常1週間から4週間程度で消失します。

色素沈着

共通)色素沈着が部分的に数ヶ月程度残存する可能性がありますが、最終的には消失します。

Fusion)色素沈着をきたす可能性が高くなります。

 

症例写真 

フラクショナルモード

小じわ、肌質改善

CO2フラクショナルの小じわ治療

ニキビ跡

CO2フラクショナルのニキビ跡治療

ニキビ跡

CO2フラクショナルのニキビ跡治療

ケガのキズアト

CO2フラクショナルのキズアト治療

ヘルペス後のキズアト

CO2フラクショナルのヘルペスのキズアト治療

費用

自費診療

初診料

3,300円

再診料

1,100円

麻酔

1,100円

CO2レーザー手術

ほくろ・イボ

5mmまで 1個 11,000円(麻酔代込み)

6-10mm 1個 16,500円(麻酔代込み)

11-20mm 1個 22,000円(麻酔代込み)

21mm以上 1個 27,500円(麻酔代込み)

脂漏性角化症

※数が多い場合は、ご相談ください。

 首のイボ

1個 880円、30個 22,000円。

※数が多い場合は、ご相談ください。

 CO2フラクショナル治療

両頬 1回 22,000円(※平日限定モニターあります

全顔 1回 33,000円

 


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医