HOME > 小児皮膚科 > みずいぼ(伝染性膿痂疹)

みずいぼ(伝染性軟属腫)

 
MOLLUSCUM CONTAGIOSUM

みずいぼとは

ウイルスが皮膚に感染することで発症し、人にうつる病気です。
皮膚のバリア機能が未熟で、免疫力もないため、小児に多く発症します。
2~5mm程度の大きさで、表面にツヤがあります。
数カ月~3年程度程度で自然治癒すると言われていますが、個人差が大きいため、完治までの見通しはたちません。
少ない数のうちに除去してしまうことが最も確実です。
 

治療

鑷子(ピンセット)でつまんで除去します。
シール麻酔が(ペンレステープ®)も使用できます。
 

よくある質問

Q
通園・通学はできますか。

A
可能です。
出席停止が義務付けられた病気ではありません。
 

Q
プールに入っても大丈夫ですか。

A
大丈夫です。
プールの水からうつることはありません。
しかし、タオル・浮き輪・ビート版などを介してうつることがあるため、共用することは避けましょう。
通園・通学先の規則がある場合は確認しましょう。