ベピオとは

ニキビ治療の世界標準

日本皮膚科学会のガイドライン
米国皮膚科学会雑誌のガイドライン
において、

ほとんど全てのニキビ患者にとって「過酸化ベンゾイルor/and抗菌薬併用治療」が第一選択治療として強く推奨されています。

 

ベピオのはたらき

  • 毛穴詰まりを改善することで、ニキビ治療、ニキビ予防効果があります。
  • ニキビ菌の殺菌効果があります。 

ベピオがなぜ大切か

あらゆるステージに効果的です!

ニキビのステージ解説
  • 炎症のある赤ニキビだけでは無く、炎症が無い白ニキビにも効果があるため、より早期にニキビを治療できます。
  • さらに、微小面ぽうの段階でも治療効果があるため、継続して使用することで新しいニキビが出きにくくなります。

 

各ステージの解説

微小面ぽう(ニキビ予備軍)

  • 毛穴つまりが始まったけど、はっきりニキビがみられない段階。
  • この段階で治療効果があるのがベピオの良いところです。
  • そのため、ニキビが出来やすい部位に広範囲に塗ります。

白ニキビ(コメド、面ぽう)

  • 炎症が生じていない状態です。
  • この状態はニキビ菌が増殖しておらず、抗菌薬は効きません。
  • 白ニキビ治療は、アダパレンかベピオで決まりです。

赤ニキビ

  • ニキビ菌が増殖し、炎症が生じている段階です。
  • 抗菌薬とベピオを併用して治療します。
  • ベピオは赤ニキビにも効果がありますが、それだけではありません。
  • 赤ニキビあるところ、ニキビ予備軍や白ニキビも必ず同時に混在しています。
  • ベピオを使うことで、治療をしながら新しいニキビを予防します。

ベピオの臨床研究

日本人203人に行った3カ月間の効果

  • 赤ニキビ(炎症性皮疹)の平均減少率は、2週後が36.4%、4週後が48.1%、6週後が60.4%、12週後が73.3%であった。

 
  • 白ニキビ(非炎症性皮疹)の平均減少率は、2週後が17.4%、4週後が27.2%、6週後が35.5%、12週後が57.1%であった。

 

ベピオの副作用

副作用

日本人204人に行った3か月間の効果・安全性の研究

副作用は204例中76例(37.3%)に認めた。

主な副作用

204名中、

皮めくれ 19.1%

赤み 13.7%

刺激感 8.3%

痒み 3.4%

かぶれ 2.5%

投与中止に至った副作用

204名中、

赤み 3例、

かぶれ 3例

痛み 1例

腫れ 1例

皮むけ 1例

重篤な副作用

無し

 
副作用の症状が強いときには、一時的にステロイド外用剤を使用することも有効です。
ステロイド外用剤の適正使用は、かかりつけのクリニックにご相談ください。
 

ベピオの使い方

自分には効果が無かった‥‥?!

良いお薬なのは理解できたけど、
自分には効果が無かった。
自分には副作用で使えなかった。
 という方もみえます。
 
まずは次の2点を確認しましょう。

効果が出るのに時間がかかります。
効果が出るのに時間がかかる薬であることを認識せずに使用している方もいます。
2週間も頑張って治療したら、何かしらの効果があってしかるべき!と思うのは普通ですね。
しかし、ベピオの治療効果判定は3カ月後です。
早期に治療効果が無いと判断して、治療をやめないようにしてください。
効果が無い時には、より強い治療に切り替えることも可能です。
効果がないから治療もあきらめてしまい、受診もしなくなるということが無いようにしましょう。
ますますニキビが増悪してしまいます。

 

初期のしげき症状のいろいろな対策。
治療開始2週間以内にはじまるしげき症状のため、治療を続けれない方もみえます。
しかし、使い方を工夫することで、使用を継続できることもあります。
ピーリング剤の使用は、白ニキビへの治療効果や、新しいニキビの抑制効果のためニキビ治療には必須です。
使えないから治療をやめてしまうと、ニキビはますます悪くなってしまいます。
どのように使えばよいのか、あるいは使用できない方にはどのような代替治療があるのかご案内させていただいています。 

正しい使い方

 1日1回1FTU(およそ0.5g)を就寝前に全顔に塗布。

 
 2週間目までの刺激感は、保湿をしっかり行い乗り切る。
洗顔→保湿薬→ベピオの順に使用します。
保湿だけでは乗り切れないこともあります。
色々な対策がありますので、かかりつけのクリニックでご相談ください。
 
 3カ月継続する。
治療効果判定は、2~3か月後に行います。

ディフェリンと似たお薬

ディフェリンと似たお薬です。
使用方法はディフェリンと殆ど同じです。
使用方法・注意点についての詳しい解説は、ディフェリンのページをご覧ください。

ディフェリンと同じところ

  • 毛穴づまり改善効果がある。
  • 使い始めに刺激感がある。
  • 1日1回、夜に顔全体に塗布します。 

 

ディフェリンと違うところ

  • 抗菌作用もある。
  • 毛穴づまり改善効果はアダパレンの方が強い。
  • 刺激感も、アダパレンの方が起こりやすい。 
  • 妊婦にも使用できる。
  • 漂白作用があるので、髪や衣類に付着しないようにする。

ディフェリンとの使い分け

白ニキビ治療は、毛穴づまり改善効果が強いディフェリンの勝ち

治療効果と引き換えに刺激感の副作用もディフェリンの方が少し多くなります。
しかし、副作用は個人差があり、副作用が出やすい方は個人により異なります。
 

赤ニキビ治療は、抗菌作用もあるベピオが勝ち

しかし、赤ニキビだと一般に抗生剤外用治療も併用することが多いので、ディフェリンでも良いのです。 
 
外用の仕方によっても治療効果は調整できます。
副作用もディフェリンの方が出やすい人、ベピオのほうが出やすい人、個人によって異なります。
 
どちらも良いお薬です。
副作用が出にくく、使い慣れている方があれば、そちらを継続使用すれば良いでしょう。
治療効果が今ひとつであれば、ディフェリンとベピオを同時に使用します。


WRITER 
うらた皮膚科 院長
日本皮膚科学会認定専門医