リンヴォックとは

第2のJAK阻害薬として新登場!

リンヴォック(JAK阻害薬)は、皮膚の過剰な免疫反応を抑えることで、皮膚の炎症をしずめて、アトピー性皮膚炎の皮膚症状を改善します。
アトピー性皮膚炎の飲み薬は、抗ヒスタミン薬とステロイド内服薬が中心でした。
2008年、ネオーラル(シクロスポリン)がアトピー性皮膚炎治療の新しい飲み薬治療として登場しました。
2020年、約10年ぶりにアトピー性皮膚炎治療の新しい飲み薬としてJAK阻害薬が新登場し、各メーカーから相次いで発売されています。
2020年、JAK阻害薬の第1段「オルミエント(バリシチニブ)」登場。
2020年、JAK阻害薬の軟膏「コレクチム軟膏(デルゴシチニブ)」も発売開始。
2021年、JAK阻害薬の第2弾「リンヴォック(ウパダシチニブ)」登場。リンヴォックでは12歳以上の小児にも適応があります。
2021年、JAK阻害薬の第3番「サイバインコ(アブロシチニブ)」が、9月に製造販売承認を取得し、まもなく新発売です。
 
リンヴォック治療開始をご希望される際には、胸部レントゲン検査が必須になります。
基幹病院などにご紹介させていただいています。
  

どんなお薬か

リンヴォックはJAK阻害剤の飲み薬です。
アトピー性皮膚炎の病態には、サイトカインと呼ばれる物質が関与しています。
リンヴォックは、サイトカインの産出を制御することで、皮膚の炎症やかゆみを抑え、アトピー性皮膚炎を改善します。